寝坊して17時くらいに出勤するクソ社員になる夢を見ました。あと、同研究室出身の先輩が退職する展開もあって少し悲しかった。 

夢: 捕まってはだめ 


幽霊に追いかけられる。追いつかれたら終わり。多分連れて行かれる。でも幽霊の頭は良くなくて逃げるのは難しくはない。形は朧げではっきりとはしていなかった。既にそんな状況が何日もそれが続いて知ってる範囲だと数人は見える人がいました。見えてしまったらもうおしまいで追い回されるようになってしまう。ちょっと潜入捜査的なことをしないといけない場面もあってホモカプを装う的な場面もあった。初対面のヤンキーみたな人と怪しい街に入っていく必要があったかな確か。誰かといるときは1人の時よりも本当に安心できるんだけど一人のときは心細い。怖かったなあ。自分だけのときで見つかるか見つからないかという段階で目が覚めた。生き残れたのかな。実家や家や職場、プライベート、帰省先でのお祭りのときなど場面が様々だったので結構期間が長そうだった。何だろこういう夢。

夢 

昔からの友人(見た目は似ても似つかないけどそうだと思っていた)と交際が始まるという内容だった

トイレのような風呂に沈んでいき壁にウンのようなものが付着している夢をみた、潔癖の裏返しのよう

夢 

記憶が朧気なんだけど。ラーメン屋で食事をしていて(餃子もあったぞ)世界観がピンポンみたいな感じだった。一体何を書いているのか分からないだろうけど自分でも分からない。

今日の夢 

 ですが高級ホテルにご馳走を食べに行ってた、美味しそう

夢を思い出せそうで思い出せない 

肩凝ったなあって思ったらどこからともなくマッサージされたような気がする。なんじゃそら、思い出せない

アフリカの辺境地帯を旅しているとき、岩場の先に現れたこの世とは思えないほどに綺麗な夜明けに立ち尽くしてしまう。カメラは持っていないので手持ちのiPhone8でパノラマを撮ることにした。ところが親切な住民から高級品を見せるようなことはやめたほうが良いと注意されたので断念。治安が悪いので突然のパージが始まり(リック・アンド・モーティ風の状況)盗賊が投擲するやりや矢を避けつつ近所にあった小屋に逃げ込み窮地を脱した。END

顎がローポリになって直角にカクつく夢を見た。初夢かも

Mustardon

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!